講師紹介

目次

サックス・クラシックピアノ講師

大川平のり子

2000年大阪音楽大学音楽学部サクソフォン科を
首席で卒業。
第5回KOBE国際学生音楽コンクール入賞、
第16回YAMAHA管楽器新人演奏会出演。
大阪音楽大学大学院音楽研究科を経て
2001年渡仏。
在学中、第11回同大学主催「ザ・カレッジコンサート」に出演。
渡仏後、ボーラレーヌ音楽学校及びヴェルサイユ音楽院にてヴァンサン・ダヴィッド氏のもと研鑽を積む。
卒業に際しサクソフォン・ソルフェージュ・アナリーゼにて金賞、室内楽において審査員満場一致の最高位を得て、DEM(diplome d’etudes musicales)を取得。
第9,10回ピカルディー・ヨーロッパ音楽コンクール
サクソフォン部門、UFAM音楽コンクールにて1ere prix受賞。
2005年8月帰国。
2006年映像とのコラボレーションによるリサイタル、2008年2010年コンピューターとのコラボレーションによるリサイタルを開催。
2011年からは、女性サックス四重奏のLinx Saxophone Quartetとノリノリfiveを結成し、ライブ活動を行い、スタジオ録音などにも精力的に活動。
これまでにサクソフォンを山口マリ、
篠原康浩、
大城正司、赤松二郎、ヴァンサン・ダヴィッド、
室内楽を飯守伸二、ジャン・フランソワ・ゴンザレス、
ジャズを平野繁、近藤和彦の各氏に、
ピアノを沢井二三江の各氏に師事。

ジャズピアノ講師

杉浦 潤

2012年 神戸大学 発達科学部人間表現学科を卒業。
幼少期からエレクトーンやエレキギターを始める。
高校生の時には上原ひろみのライブ映像を見て衝撃を受け、ジャズピアニストを志すようになる。
大学在学中にレストランやジャズバーなどでプロ演奏活動を開始。
また、中高生から採譜を続け、近年では上原ひろみ、Tribal Tech、Michael Camiloなどの楽曲からバンドスコアを作成して自身のバンド活動に役立てたり、
プロミュージシャン向けにジャズセッション用の
リードシート作成をするなど、楽譜作成の依頼も多数請け負う。
大阪・神戸・京都など関西全域でライブ活動を行い、池袋ジャズフェスティバルや高槻ジャズストリート、鳥取ジャズフェスティバルなどにも参加し、
好評を博す。
繊細なタッチと豪快なソロ回しを得意とし、独自の
世界観を持った音楽性には共演者にも定評がある。
ピアノソロアルバム『Day Dream』を発売中。
現在、演奏活動のほかにも、大阪市内や京都での
セッションホストを行い、ピアノ指導や採譜指導など後進の育成にも尽力している。

エレクトーン・エレキギターを秋山みどり、ピアノを金奈穂子、宮崎剛、柴田あさみ、竹下清志、
エレキベースを荒玉哲郎の各氏に師事。

huskywolfの音楽室(個人ブログ、演奏スケジュールなど)
http://huskywolf.blog129.fc2.com

sound space Autonomy(ドラマー岸圭佑とのユニット活動など)
個々の紹介ページから音源も視聴できます。
https://soundspaceautonomy.wixsite.com/soundspace-autonomy

目次
閉じる